宇美八幡宮「子安の石」

福岡市や近郊に住む方が安産祈願に行く神社と言えば宇美八幡宮がメジャーです。その宇美八幡宮に「子安の石」の奉納と、お預かりした「子安の石」をお返ししてきました。


昨年5月の戌の日に。宇美八幡宮に安産祈願をし、写真の場所に奉納されていた「小安の石」を1個お預かりしていました。

「子安の石」が大量に

この様に置かれた石の中から選びお預かりしていました。


無事出産を終え、子供も順調に成長しています。

子安の石の奉納


「子安の石」の奉納の仕方が分からなかったので。巫女さんに尋ねると。「石が置いてある場所に奉納して下さい。」としか言われませんでした。


聞き方が悪かったのかも知れませんが。お祓いをして貰う必要はない様です。お祓いを受けるという予測の上での質問だったので、ちょっと拍子抜けというか・・・・物入りですから助かったという事にしておきましょう。

「子安の石」をお預かりした昨年の戌の日には神殿でお祓いを受けました。


言われた通りに、上の写真の沢山石が積まれた中に、昨年からお預かりしていた石と、私達の子供の名前や生年月日を書いた石を奉納しました。

絵馬

それと、戌の日にお祓いをして頂いた時に貰った絵馬を奉納してきました。

「子安の石」用に石探し


表面が平らで名前や生年月日、生まれた時の体重と一言が書き込める石を海や川に探しに行きました。中々イメージしていた石は見付から無い物ですね。


奉納するとなると、罰当たりな石は持って行きたくありません。


川に行くと手頃な石が有りましたが。不法投棄された様な石の集まりでした。ちょっとねぇ・・・・と言った感じです。


海は護岸工事というか、人の手が入った様な場所の石はモラル的に持って行く訳にはいかないし、下水の様な水が流れ込んでる近くの石も・・・・



ま、色々考えて志賀島の自然の物であろう石を拾ってきました。



《関連記事》
戌の日に宇美八幡宮に安産祈願に行った

スポンサード リンク