夜の福岡市動物園

夏休みの恒例イベント、夜の動植物園に行って来ました。8月の土曜日毎に行われる訳ですが、初日である2日は雨(台風の影響)にも関わらず大勢の家族連れで賑わっていました。


駐車場は満車、近くの100円パーキング(数少ない)も満車、浄水通り沿い九電記念体育館近くの100円パーキングに停めて動物園に向かいました(天気が良ければこの辺りも満車だったんでしょうね)。

かばが元気

夜の動物達は元気です。昼間のカバは水の中に潜って何処に居るのか分からない状態でしたが、夜は気持ちよく泳いでいました。

カバのお尻

暫く見ているとプールから陸に上がり、よそ見もせずに寝室に帰って行きました。ちょっと残念でしたが、お尻が可愛い。

夜の鹿

6月の昼間に見た鹿は木陰でダレていた記憶が有りますが、涼しい夜は元気いっぱい、シャキっとしています。

2014.8.3 夜の動物園 020

ライオンやトラは人気が高く遠くから眺めただけで様子が分かりませんでしたが。ガタン!ガタン!!と大きな音が聞こえ、観客もザワザワ。昼間のダラァ~っとしたライオンではない様です。

ゾウの花子のお尻

ゾウさんのコーナーでは飼育員の説明が行われ、希望者はビニール袋に入ったゾウのウン〇を持つ事が出来ました。「これは小さい方だけど」という事でしたが結構な重量がある様でしたよ。

2014.8.3 夜の動物園 030

多くの動物が夜行性、もしくは涼しくなって活動している様ですが、寝ている動物もいます。テナガザルがブランコの上に仰向けで寝てました。

2014.8.3 夜の動物園 036

オランウータンやテナガザルは、日が沈む頃に寝て日が昇る頃には起きる様です。昔は人間もそんな生活をしてたんでしょうからねぇ。何となく人間に近い雰囲気を感じます。

イルミ

ということで?昼間はテナガザルやオランウータンの元気な姿が見れる場所にイルミネーションが。

福岡市動物園の遊園地(夜)

夜の動物園でも遊園地が営業してました。観覧車からは夜景が見えるのか?



≪まとめ?≫

折角だから、昼の動物園、夜の動物園、両方を体験したいですね。昼と夜の違いが有り子供にとっても良い勉強だと思います。残念ながら、昼から夜まで福岡市動物園内に滞在する事は出来ません。別の日か、閉園までに一度出て、再入場する必要が有ります。


写真はフラッシュ無しで写る場所でしか撮っていません。他にも沢山見所が有りますよぉ。そういえば、動物園の暗がりを怖がっている子もいました。


この日は、息子は連れていってません。ママから「暇なら夜の動物園の様子を見て来れば?」と言われて気まぐれで出掛けた訳ですが、私はおっさん一人だったのでカナリ浮いていました(笑)


スポンサード リンク