スポンサード リンク

はしご車体験
福岡市民防災センターの「春の火災予防運動イベント」に参加しました。これは、はしご車体験の模様です。4歳から小学生までが参加対象で、抽選でした。

このはしご車で救助できるのは13階ぐらいまでだそうで、40メートルほど梯子が伸びるそうです。体験では、40メートルは伸ばしてませんが、それなりの高さが有ります。


勿論、消防隊員が同乗しますし安全ベルトで安全が確保されていますが、高い所が苦手な子には無理がありそうです。少なくとも私は嫌です(笑)

緊張した面持ちの子が多かったのですが、泣いている子供は見かけませんでしたねぇ。凄いです。



ドラえもんと記念撮影が出来た&2歳の息子の反応

この日のイベントの目玉は「1日所長のドラえもん」。そのドラえもんと握手&記念撮影ができました。先着50名で2回行われた様で、そのうちの1回の権利を見事手に入れました。

ドラえもん撮影会整理券
子供にも、ママにも相談なしに整理券を手に入れました。子供は2歳なのでアンパンマン世代、ドラえもんを知りません。もしかしたら今までに見た事も無かったかも知れません。

しかし、登場したドラえもんに興味津々。帰宅後にドラえもんが印刷された広告などを見せると、「あ!」と指を差して喜んでいます。

恐らくドラえもんも好きに成るでしょう(笑)



イベントで行われたその他の催し物

早良消防署
他にも、ちびっ子レスキュー体験、消防署内の案内ツアー、強風や地震や火災体験なども行われました。レスキュー体験は2歳児でも参加できる簡単なもの。流石に2歳児だと、レスキューと言うより救助されていると言った方がしっくりくる雰囲気でしたが、子供は楽しんでいた様です。制服も着せて貰えました。

強風・地震・火災体験は、通常も行われていますが、1時間の体験コースで行うものです。イベントの時は個別の参加が出来ました。


天ぷら鍋やトラッキング現象の火災実演など、行われる予定のいくつかのイベントが雨の為に中止に成りましたが、楽しく過ごす事が出来ました。



常設展示

福岡市民防災センターのヘリコプター
実際に使用されていた消防ヘリが展示されています。自由に乗れて操縦席にも座れます。何度も何度も乗る子が居るぐらい人気でした。

ヘリコプターに乗る事はまず無いし、近くで見ることも少ないですからねぇ。良い体験に成ると思います。


福岡市民防災センターでのイベントは、年に数回行われています(2014年度は6回)。小学生ぐらいまでなら楽しい時間が過ごせると思います。


福岡市民防災センター  福岡市早良区百道浜1-3-3


見に行こう!

消防車を見に行こう | 飛行機を見に行こう

スポンサード リンク