虫かご
カナブンを私の手の平に載せ息子に見せていると、息子がカナブンに手を近付けてきました。セミやカタツムリ、ダンゴムシは触りたくなさそうでしたが、カナブンには手を出して来ました。お散歩の度にセミを捕まえて息子に見せるので、虫に慣れたのか、カナブンだから手を出したのかは分かりません。

折角だからそのまま自宅に帰ると、ママが虫かごを持ってきました。てっきり息子とカナブンの記念撮影に成ると想像していたので予想外の展開でした。

ママは虫嫌いですが、息子の為なら「エーンヤコリャ!」という感じで協力的です。ちょっと驚きました。


虫かごの底がツルツル状態だと可哀想

虫かごの底がツルツルだと、カナブンがジタバタして可愛そうなので、プランターに残っていた土を湿らせて入れました。ついでに枯枝も入れました。ツルツルのままだと弱りそうです。

キュウリの上にカナブンを置くと、吸い付いている感じでした。ココで息子が「たべてるね!たべてるね!」と大喜び。暫く観察していました。

動物園でヘビを見て「おてては!おてては!」と言い出した時も「なるほど~」と思いましたが、こういう経験も大事な学習なんでしょうね。


カナブンとコガネムシって違うんですね

餌のことが気に成ったので、カナブンに付いて調べました。どうやら、バナナなどが好きみたいですが、カブトムシやクワガタ用のゼリーを与えるのが手っ取り早いみたいです。

それに、「カナブン」と「コガネムシ」は違うという事も知りました。実は、この時点まで「コガネムシ」と思っていましたが、捕まえたのは「カナブン」でした。

捕まえたのは多分コレと一緒。面白がってマクロ撮影した時の写真です。嫌いな方には申し訳ないです(笑)

カナブン接写
写真の様な鮮やかな緑色、3・4cmぐらいの適度な大きさのモノが代表的な「コガネムシ」だと思っていましたが違いました。それに、「カナブン」は昼行動するそうです。「カナブン」と「コガネムシ」では食べる物、翅の特徴や飛び方など違う様ですが、ご興味が有る方は調べて下さい。


100円ショップで昆虫ゼリーを買った

昆虫ゼリーに食らいつくカナブン
早速、100円ショップに「昆虫ゼリー」を買いに行きました。20個入れで100円でした。黒糖味で「高たんぱく、高カロリー、栄養満点!」と書かれています。

「昆虫ゼリー」に「カナブン」を載せると、食らい付き方がキュウリとは比べ物に成りません。ゼリーを吸っているのが分かります。息子も「おー!おー!」「すごいねぇ」と言っていました。

興奮しすぎて虫かごを倒し、土が床にこぼれたり、「昆虫ゼリー」が汚れたり。2歳8カ月だとコンナものですかね。

昆虫飼育セット
「昆虫ゼリー」だけ買えば良かったと思いますが、コンナに買っちゃいました。湿気を保つグッズ、腐葉土の様な商品、防ダニグッズも合わせて購入。なんか凄いです。

友人が「カブトムシやクワガタの幼虫やろうか!」と言ってるし、直ぐに「カブトムシ」などに興味を示すと思うので、予行演習で使ってみようと思います。


カナブン飼育 5日目

昆虫ゼリー食べた
カナブンは土に少し潜った感じでホボ動きません。動くのは朝の7時台、夕方の6時台ぐらいが中心。その時間が活発で、枝などがカナブンの重みで動く音がします。また、昆虫ゼリーを食べています。

時々カナブンが居る場所が変わっていますので、それ以外は全く動かないという訳では有りません。夜中にガサゴソ遣らないのは良いですね。

息子はと言うと、カナブンがガサゴソ遣りだすと、観に行って。「ごはん食べてるね!」などと言っています。それなりに興味は有るようですが、初日の興奮は続きませんでした(笑)

5日目ともなると、昆虫ゼリーも減って来ました。チビのくせに結構食べています。(カブトムシは1日に1個ペースで食べるそうです)


昆虫ゼリー交換&昆虫マット敷き

昆虫マットを敷いてみた
8日目に昆虫ゼリーを新しい物に取り換えました。ついでに、100円ショップで買った昆虫マットを敷きました。カブトムシやクワガタを今後飼育すると思うので、事前練習に昆虫マットを買ってみました。昆虫マットの使用法などただ今勉強中です。

カナブンにとっても、昆虫マットは快適なのか、潜って姿が見えない事が多いです。食事の時以外にも姿を見せますが、ほぼ潜っているイメージです。


昆虫ゼリーにカビ
新しい昆虫ゼリーに替えて3日で白いカビらしき物体が生えました。前回は1週間以上大丈夫だったので、今回は昆虫マットに水を含ませすぎたようです。昆虫マット自体がカビの温床に成っているかも知れません。勉強に成りました。


≪関連記事≫
セミを持って虫嫌いのママを追いかけた(2歳8か月の男の子)

スポンサード リンク