ゴールデンウィークを目前に控えた4月24日、箱崎ふ頭で貨物船火災が起き、翌日その貨物船が沈没しました。この事故のニュースを見て、「福岡の潮干狩りが危ない!」と思った方も多いでしょう。

GWに潮干狩りを計画していた人は多いと思います。我が家も潮干狩りを楽しみにしていました。

福岡市や周辺漁協の皆さんが油の回収作業をされているようですが、油は既に広範囲に広がり、福岡市西区の海浜公園、能古島などでも確認されているという報道を見ました。

4月27日のニュースによると、「百道浜、地行浜、愛宕浜での潮干狩りは禁止」だそうです。毎年潮干狩りで賑わう室見川河口も無理みたいです。

福岡市内、もしくは近郊で潮干狩りを楽しもうと思っていましたが、博多湾近郊はGWは無理でしょうね。志賀島の北側、和白干潟、今津湾などは今のところ大丈夫なのかなぁという状況で、糸島の西側とか唐津辺りまで足を伸ばせば大丈夫だと思います。

これを機に潮干狩りが出来るスポットの情報を探してみます。

【追記】
今津での潮干狩りは4月27日以降中止に成りました。結局、博多湾周辺では潮干狩りは出来ないようです。5月13日に福岡タワーの階段上りに参加し、タワー上層部から百道浜・地行浜・室見川河口などが見えましたが、潮干狩りをしている人はいない感じでした。

2017年度の潮干狩りは、博多湾から遠い場所に行くしか無いようです。

スポンサード リンク