藤井聡太さんが幼少時代に使用したことで一躍有名になった「公文のスタディ将棋」が我が家にもやってきました。「スタディ将棋」が届いた日、私が帰宅すると息子が走ってきて、「しょうぎできたよ!」と興奮していました。

「交互に駒を指す」「王を捕れば勝ち」「自分の駒を追い越せない」「ココまで来たら駒を裏返しにできる」と簡単にルールを説明。取り合えず、「二歩(同じ欄に歩を二個置いたらダメ)」など難しいルールは無視して始めたそうです。


初めは駒を2回続けて指すなどが有りましたが、4歳の息子にも駒の動かし方は直ぐに分かり、「食べる!」と言ってパパやママの駒を捕って喜んでいます。


「スタディ将棋」は駒を見れば動かし方が分かります。1マスしか動けない。どこまでも動ける。など教えれば、4歳の子供にも指し方が分かります。

ママは将棋を指した経験が無い。私は小学生の頃に将棋で遊んだ経験は有りますが、駒の動かし方など色々忘れていました。そんなパパママですが子供と一緒に楽しめます。

息子は負けて泣く事も有りましたが、4歳なりに考えて将棋を指しています。「楽しい」とも言っています。「息子&ママ連合軍」VS「私」とか、ママVS私で「詰んだ」時などに息子に交代する。そんな遊び方も試してみました。

将棋は右脳と左脳をバランスよく鍛えてくれると聞きます。脳のトレーニングに繋がれば良いなぁと期待しています。


スタディ将棋 口コミ&詳細
スタディ将棋(楽天市場)
スタディ将棋(アマゾン)

スポンサード リンク