息子から「昔の人はどんな家に住んでいたの?」と聞かれたので、板付遺跡に連れて行きました。


聞かれた時に、スマホで「竪穴式住居」などの画像を見せたり、説明もしましたが、実物(レプリカ)を見せた方が分かりやすいし勉強になります。

息子は大昔の家を、狭いし、暗い。テレビもクーラーも無い。お風呂も無いし、トイレも無い。無いない尽くめの小さな家だと感じたようです。寒い日だったので、短時間の滞在でしたが、息子なりに感じ取ったものはある様です。


板付遺跡で出土された土器や縄文時代や弥生時代に使用されていた様々な道具などが併設する「板付遺跡弥生館」に展示されています。

古代の火起こしの道具などの体験もやってみました。実際に火を点けた訳ではありませんが、大変さは感じ取った様でした。

昔の人の食生活も軽く話しましたが、なかなか理解できない様でした。「昔のイチゴはどんなの?」とか、色々聞いてきます。5歳児に分かるように話すのは難しいですが、私自身も勉強に成り楽しい時間でした。

【板付遺跡】
福岡市博多区板付2・3丁目。隣接する「板付遺跡弥生館」は福岡市博多区板付3-21-1

スポンサード リンク