スポンサード リンク


今までは戦隊モノにあまり興味が無かった5歳の息子が「新幹線変形ロボ シンカリオン」に夢中です。録画した「新幹線変形ロボ シンカリオン」を毎日毎日見て、「早く土曜日に成らないかな~」と言っています。

好きに成った理由は、新幹線が好きで、特に「はやてandこまち」が好き。そして、プラレールが好き。さらに、プラレールのシンカリオンをお祖父ちゃんから貰っていたこと。などの相乗効果だと思います。

毎日、プラレールの「新幹線変形ロボ シンカリオン はやぶさ」で遊んでいます。

「シンカリオン」では、鉄道博物館の地下にあるとされる「新幹線超進化研究所」という架空の研究所が舞台です。主人公が暮らすのはさいたま市大宮区。「シンカリオン」に影響を受けた息子は「また大宮に行きたいなぁ。」(親戚が住んでいるので行ったことがある)などと言っております。

プラレール シンカリオンシリーズの詳細や口コミを見る(アマゾン)
プラレール シンカリオンシリーズの詳細や口コミを見る(楽天市場)

スポンサード リンク