福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

ふれあいの森総合公園 | 遊具、特に滑り台が凄い!


宗像市の「ふれあいの森総合公園」は大きな複合遊具、多目的グラウンド(少年野球などが行われている)、走り回れる芝生広場、ローラースケート場、約4.5kmの山歩きが楽しめる遊歩道などから成る公園です。

中でも充実した滑り台が特徴的な遊具広場が人気です。これらの滑り台を目当てに遠方から訪れる方も少なくないと思います。まず目を引くのが4列の滑り台。遊具広場が見えた瞬間に目に入ります。

長い滑り台ですがスピードはそれ程でません。ソコソコ高い位置から滑るので、最初は怖がる子も多いようですが、一度滑れば慣れるようです。小さな子も滑っていました。


遊具広場の全景です。3箇所の赤い矢印は大きな特徴ある滑り台です。遊具の周囲は芝生広場になっています。


2つ目の大型滑り台がこれ。トンネル状に成ったカッコいい滑り台です。この滑り台はスピードがでるし、トンネルなので、うちの子は少しビビッていました(4歳の怖がりです)。


もうひとつがコレ。ストンと落ちるタイプの滑り台とアスレチックの大型複合遊具です。この滑り台はフリーホールと名付けられています。


横から見ると急斜面というか絶壁間がよくわかります。滑るというより落ちるが正解のように感じます。躊躇する子供も多く渋滞することも多いです。うちの子は「これはやめようね!」と言って引き返しました。


網状のブランコ。これも子供たちに人気が高い遊具です。親が揺らしてやらないといけません。兄弟2・3人で乗っている子達もいました。


背が低いと自分では乗れません。「ゆりかご」みたいにユックリと押してやればば小さな子も楽しめます。


小さな子が楽しめる遊具も充実しています。


残念ながら利用できませんでしたが、新設中の複合遊具がありました。こちらも比較的に小さな子供用の遊具です。

ふれあいの森総合公園には無料の広い駐車場も用意されています。わんぱく広場に隣接した第一駐車場(87台)が有りますが、休日は競争が激しく早い時間に満車に成るようです。私たちは第二駐車場(358台)に停め、長い階段を登ってわんぱく広場を目指しました。

次回はお弁当持参で遊歩道も体験したいと思います。

ふれあいの森総合公園  福岡県宗像市山田1619−8

スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.