福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

プラレールのゴムタイヤ交換は簡単

プラレールのゴムタイヤが外れた
プラレールのゴムタイヤ交換は簡単でした。車輪からゴムタイヤが外れただけで、正確には交換はしていませんが、概ね工程は同じです。

息子がプラレールを上から押さえたり引っ張ったりするので、車輪のゴムが外れて喰い込みました。ギギギギと音を立てて車輪が動かなくなりました。

この状態で細いドライバーか尖った物で直そうとも思いましたが、いい機会なのでゴムタイヤ交換の予行練習をする事にしました。

プラレールのカバーを外した画像
カバーを外しただけではゴムタイヤの交換は出来ません。力技で出来ない事も無さそうですが、電池ケースとモーターを外す事にしました。

モーターなどを外す
モーターなどをドライバーで外しました。車輪にゴムをはめるのは簡単でした。ついでなので、車軸に絡まったゴミを取り除きました。

掃除もして戻す
数日前、電池交換の際に一度掃除はしましたが、ゴミが結構詰まっていました。後輪と連結部品を元に戻し、その上にモーターを載せてねじ止めすれば終了です。

※後輪を取り外した際の写真を撮り忘れました。


全ての車両が同じでは無いらしい

三角ネジという特殊なネジで留められた車両は、それ用のドライバーが必要です。蒸気機関車も少し特殊だそうですが、ゴムタイヤ交換パーツに説明が書かれいます。

また、三角ネジ用のドライバーはアマゾンなどで数百円で販売されています。



関連商品

プラレール専用交換ゴムタイヤ
三角ネジ用ドライバー(2.0×2.2mm)


スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.