福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

プラレールに充電式乾電池は使用不可。安い乾電池探しとeneloop plus。

プラレールの注意書き
プラレール車両の注意書きに「二次電池(充電式電池)は絶対に使用しないで下さい」という文言を見付けました。注意書きを読まずに、充電式乾電池(エネループ)を使用していました。反省。

メーカーが充電式電池を使用不可とする理由は、通常の乾電池よりも充電式乾電池の方がパワーが有り長持ちもします。万が一、プラレールのスイッチが入ったまま、放置すると破裂・発熱・発火の可能性が有るからだそうです。


もしも、事故が起きたら知らなかったでは済まないですね。

アルカリ乾電池よりもエネループの方が経済的で長持ちします。気に入って使っていましたが、今まで使用したエネループは別の家電製品で使う事にします。

使用済み電池
電池は一般ごみに出せないので、別にして保管するのでこんな風に成りがちですが、小まめに家電量販店に持って行くなどして処分したいと思います。


通常、単三電池10本で300円台から500円ぐらいですが、通販でまとめ買いをすれば40本とか60本とかで1500円以下で売られていたりします。参照:安い単三電池を探す



異常発熱をしない充電式乾電池

充電式乾電池は絶対に使えないのか?メーカーが使えないと書いているので、使えるとは書けませんが、eneloop plusという優れた充電式乾電池が有る事を知りました。

電池内に回路が組み込まれており、過電流に対応するそうです。発熱したらストップ、冷えたら使用可能に成る。という商品だという事です。たかが電池と思っていましたが、日本の技術ってやっぱり凄いですね。

つい最近、普通のエネループを4本追加購入したばかりです。その時にeneloop plusの商品名は目にしてましたが、詳細まで確認していませんでした。eneloop plusを買うべきだったと後悔中です。

参考:eneloop plusの詳しい解説・実験



【安い乾電池を探す】
アマゾンで探す  ・乾電池パック(楽天市場)


スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.