福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

直線レールと曲線レールで十分遊べる

「曲線レール」×2セットと「直線レール」が1セット以上あれば、小さな子なら十分にプラレールを楽しめます。それでは段階をおって写真付きで説明したいと思います。

曲線レールを8本繋ぐと円に成る写真
「曲線レール」が2セットあれば、円のレイアウトが完成します。上の写真は8本の「曲線レール」を繋ぎ合わせただけのシンプルなレイアウトです。

大人には流石に物足りません。しかし、2・3歳のプラレールを初めて見る子供にとっては、それなりに新鮮で楽しい様です。

丸から楕円へ
上部・下部を外し、外した部分に「直線レール」を用意します。

楕円のレイアウト
「直線レール」を繋げば楕円形のレイアウトが完成します。この写真では「直線レール」を上・下に1本づつの計2本を使用していますが、「R-01 直線レール」は4本入りなので、上・下に2本づつ繋ぐことができます。

「R-01 直線レール」を更に1セット、2セットと追加すれば、幅広な楕円形のレイアウトに成り満足感も高く成ります。

踏切を設置
更に、「ニュー踏切」を設置すると、楽しさが増します。「ニュー踏切」は「直線レール」と同じ長さです。

スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.