福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

複線曲線レールで簡単に環状線ができる

複線曲線レール
「R-05 複線曲線レール」は複線を作るなら有ると便利なレールです。「複線曲線レール」を8本つなげると円が出来ます。つまり、環状線の出来上がりです。

内回り・外回りで、2つのプラレールを走らせると、すれ違うシーンが格好良いです。

複線曲線レールと2種類の曲線レール
「複線曲線レール」の内側は「曲線レール」と同じで、外側は「複線外側曲線レール」と同じです。「曲線レール」と「複線外側レール」を8本づつ繋いでも環状線は出来ます。

複線にする為に必ずしも「複線曲線レール」が必要な訳では有りませんが、写真を見ると分かる通り、「複線曲線レール」は内と外が一体化しているので安定感が違います。

複線曲線レールの繋ぎ方写真
使用頻度が多い「曲線レール」などを多く持って置きたい方は、「複線曲線レール」と「曲線レール」&「複線外側曲線レール」を適度な間隔で使うと「複線曲線レール」の節約につながります。


「複線曲線レール」と「複線直線レール」を使ったレイアウト

複線レールの楕円レイアウト
8本の「複線曲線レール」と、左・右に1本づつ、上・下に2本づつ「複線直線レール」を繋いだ環状線のレイアウトです。右側・上の右側には「直線レール」×2本で「複線直線レール」の代用をしています。


スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.