福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

複線のレイアウトには「単線・複線ポイントレール」も必要

単線・複線ポイントレール
「複線直線レール」などと一緒に「R-13 単線・複線ポイントレール」も購入しました。全てを複線で作る訳にもいかないので、本線から単線への分岐として必要なはず。そんな単純な考えです。

黄色いポイントを指で動かし、直進・分岐を決めます。

引き込み線
もうひとつイメージしていたのが駅の様なレイアウトです。何処かでこの様なレイアウトを見て漠然と格好良いと思っていました。


単線・複線ポイントレール」の使用例

単線から複線へ
左のループの単線から複線に成る部分で使用しています。

単線・複線ポイントレールの使用場所
赤く楕円で囲んだ部分で使用しています。複線レールを使用して、少し大きなレイアウトを作りだしたら「単線・複線ポイントレール」は必要だと思います。1セットしか持って無いので、レイアウトを組んだ後に「単線・複線ポイントレール」が余っている事は稀です。

左の箱は息子が「トンネル!トンネル!」と言っていたので、試しに箱で覆ってみた時の物です。これでもソレなりに喜んでました。


スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.