福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

Uターンレール | レイアウト作りが簡単・少ないレールで長いレイアウトが作れる

Uターンレール
「Uターンレール」は文字通り、「Uターン」させる為のレールです。行き止まりに「Uターンレール」を繋ぐだけで、プラレールの車両が戻るコースが出来上がります。

赤いレールが「Uターンレール」で、3つに分解できるので、コンパクトに収納が出来ます。


「Uターンレール」はこんな時に役立つ

プラレールで遊ぶには、グルッと一周できるレイアウトを作らないと走らせられません。しかし、小さな子供にとっては難しいし、大人でも途中でレールが足りなく成り上手くいかない事も有ります。

そんな時には、最後に「Uターンレール」を繋げれば解決する訳です。極端な事を書くと、「Uターンレール」が2セットあれば、適当にレールを繋ぎ続け、両端に「U-ターンレール」を繋げばレイアウトが完成します。


「U-ターンレール」だけでは繋がらない事も

単線でレイアウトを組んだ場合には、「Uターンレール」の接続部分が複線に成っていますので、「単線複線ポイントレール」など、複線から単線に切り替えるレールがあると便利です。また、簡単に繋げばいいダケ。と書きましたが、「Uターンレール」の接続部分が2つとも凹です。「1/4直線レール」が必要に成る事も多いです。

「Uターンレール」は有ったら非常に便利なレールです。そして、他にも欲しいレールが増えると思います。


他のレールで「U-ターンレール」を作る

「1/4直線レール」「単線複線ポイントレール」持って無いし、赤色のレールが気に食わない。と言う方は、手持ちのレールや汎用性の高いレールで「Uターンレール」を作ってみませんか?

「Uターンレール」の代わりを作ってみた をご覧ください。

スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.