福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

「Uターンレール」の代わりを作ってみた

「Uターンレール」を使用せずに「Uターン」させる方法を2パターン紹介します。「Uターンレール」の赤い色が気に食わないとか、有るレールで頑張りたい方は参考にして下さい。

Uターンレールの代わり
「Uターンレール」っぽく、左右に大きさが違う円を組んでみました。左右で使用レールが違います。

Uターン1-1
小さい円に使用しているレールは右から、「8の字ポイントレール」×1本、「1/2直線レール」×2本(上1・下2)、「曲線レール」×6本です。

「8の字ポイントレール」は、「レールセットB」にも使用されているので、持っている方も多いと思いますが、「1/2直線レール」は買い足す必要が有るかも知れません。

Uターン2-2
もう一方です。使用しているレールは右から、「複線外側曲線レール」×2本、「曲線レール」×4本(上2・下2)、「直線レール」×2本、「8の字ポイントレール」×1本です。

「複線外側レール」を持たない方も多いかも知れません。


2つのパターンに使用したレールの中に持って無いレールが有る場合は、レールを買い足す必要が有ります。「Uターンレール」を使用する場合にも、「1/4直線レール」と「単線複線ポイントレール」が必要になると思います。

どのパターンが良いかは、手持ちのレールや好みで変わりますが、どのレールも持っていて損は無いと思います。

10両編成をUターン
ちなみに。小さい方の円には、10両編成まで走らせられそうです。写真には、複数の先頭車両・後尾車両が含まれている上に、はやぶさ&こまちの連結部分が長いです。中間車両が多ければ大丈夫でしょう。

12料編成をuターン
大きい方は、12両編成までは大丈夫な様です。10両編成・12両編成の写真のプラレールは、一部連結していません。手持ちのプラレールで連結させられるのは7両までなので、それ以上の検証が出来ませんでした。

一応、7両編成だと脱線する事なく走っています。

両端でUターン
実際にはこの様なレイアウトで走らせてます。



レール関連

Uターンレール | 8の字ポイントレール | 1/2直線レール | 曲線レール | 複線外側曲線レール | 直線レール 


スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.