福岡県内の公園や子供連れで遊べるスポットなどを紹介しています。

潮干狩りに行こう!


【潮干狩りの時期】
福岡の潮干狩りスポットがもっとも賑わうのはゴールデンウィーク頃です。一年中貝はいるので、一年中潮干狩りは可能だとは思いますが。

・気温
・水温
・干潮のタイミング

などの好条件が整うのがゴールデンウィーク頃。真冬に震えながら潮干狩りとか嫌だし、潮が引くのが早朝や夜だと素人には危険ですもんね。という事で、ゴールデンウィーク頃の潮干狩りが大人気です。

・6月~8月頃は貝毒が発生しやすい時期
・ゴールデンウィーク頃に掘りつくされる
・夏場、海に行くなら潮干狩りより海水浴

などの理由も有り、ゴールデンウィーク後の潮干狩りは下火に成るという事情も有りそうです。


【潮干狩りの有名スポット】

今津海岸・和白干潟・雁の巣海岸・室見川河口・深江海水浴場・白石海岸(苅田町・マテ貝も捕れる)・浜の宮海岸・行橋市海岸線

砂浜が有れば潮干狩りはドコでも出来そうな気がしますし、知る人ぞ知るスポットもある様です。私自身もアサリは1個も捕れなかったけど、テングニシ、ツメタガイ、など普通は口にしない貝を幾つも捕った経験が有ります。テングニシ、ツメタガイはアサリなどと比べると巨大なので、大きな珍しい貝を見付けテンションは上がりましたが、食べていい貝なのか調べたり、下処理など色々と大変でした。

やっぱり、必ず捕れる、駐車場やトイレなどの環境、安全性、などを考えると今津海岸などの有料スポットが良さそうです。


【干潮を調べよう】

干潮の時間帯に行かないと捕れるものも中々捕れません。干潮を調べましょう

【潮干狩りに持っていこう】

熊の手やバケツなどの潮干狩りセットは勿論のこと、足などを洗う水も大事です。クーラーボックス、サンシェード、折り畳み椅子などもあると便利です。

【参考記事】
100円ショップで買ったウォーターバッグを海で使ってみた感想

【潮干狩りも危険。海を舐めないように。】

「潮干狩りで溺れて亡くなった」というニュースも年に数回は目にします。気付いたら満ちてきていた、浅いけど危険な引き潮が来るスポット。なども有ります。危険な場所などは看板が立っている場合も有るし、地元では有名だったりします。見た目は安全そうでもそんな場所には近付かないようにしましょう。

勿論、「夢中になり子供から目を離した」なんて事も無い様に気を付けましょう。

スポンサード リンク

PAGETOP
Copyright © 福岡 子連れで遊ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.